江戸時代はどのようにアルバイトを確保していたか

アルバイトという働き方は、恐らく大昔からあったのではないかと思います。
例えば江戸時代においても、「ちょっと短期的に人手が欲しい」という事例は案外多かったのではないかと思うのです。何らかの建物を建設するのであれば、人手が必要になる可能性も大いにあります。
ところで江戸時代においては、果たしてどのような媒体でアルバイトを募っていたのでしょうか。ちょっとその方法が気になりますね。
察するに、恐らく紙媒体を利用していたのではないかなと思います。多くの家庭にアルバイト募集のチラシを投函していたかもしれません。もしくはポスターですね。現在でも多くの飲食店の店頭にて、ポスターを見かけます。あのやり方は、恐らく江戸時代でも採用されていたのではないかと推理します。
色々と想像するのですが、少なくとも現在よりはアルバイトを確保するのが難しかったのではないかなと思います。今ではインターネット媒体がだいぶ普及していますので、昔に比べればアルバイトを確保しやすくなっているのかなと思います。