深く考えずに勢いだけで就活をするのもアリ

この時期になるとスーツを着ている学生の数が増えてきます。
就活の時期だからです。
毎年決まった光景ですが、それでも何となく新鮮さを感じてしまい、そして心の中で応援もしたくなります。
かつての自分を思い出しながら。

就職活動をしている学生や新入社員と話す機会は何度かあります。
初々しくもありますが、それでもいて今の自分にないようなエネルギーも持っているのが羨ましく感じます。

「就活で必要なことは」という質問を受けますが、そのエネルギーがあれば問題ないと思いますし、何よりも学生にそこまで高度な技能を求める会社もありませんから「勢い」というものがあれば十分だと思えるのです。

「何がしたいのか」ということを真剣に考える学生もいますが、そのようなことは考えなくとも仕事をすることが出来ますから、「一生その会社で働く」なんて言いながら心の中では別の会社のことや自分の趣味などを考えていても間違いということはないです。
私自身も就活時に「自分のやりたいこと」を基準に今の会社を選んだわけではないのですから。