深夜の道路作業のアルバイト

深夜の道路工事など作業のアルバイトをしていました。季節に関係なく仕事はありましたので真冬でも道路工事を着たこともあります。道路工事は体力勝負ですし、体を動かしますので真冬でも汗をかきながら仕事をしていました。

仕事としては大きい道路が多かったので深夜の作業がほとんどでした。始めたきっかけは時給が高いということです。初めた頃は体力的にも精神的にも辛さを感じていましたが、作業が完了した道路を自分で通ったときには感動したりもします。

自分たちが直した道路がみんなの安全を守っていると思うとやりがいも感じました。冬よりも夏の方が体力的に大変な仕事でした。太陽は隠れますが夏の夜はムシムシして体力が奪われます。真夜中でも熱中症になる危険性があるというのでおどるきましたね。

道路工事の仕事も場所を変えながらの作業になりますので、自宅から近い場所だと移動も楽ですが何キロも離れた現場だと、通うことが大変でした。まだまだ街には直さなければいけない道路がたくさんありますので、アルバイトの仕事も尽きる事はありませんね。