深夜バイトの少し変わったメリット

朝や昼間のバイト、もしくは夜のバイトにおいて、営業時間内で終わってしまうバイトについては、バイトが終われば少し休んだりしました。

仲の良いバイト仲間と会えれば少し話したりしてさっと帰るというのが定番だとは思いますが、深夜バイトをして閉店作業をして閉店を迎えた後は、少し違ってきます。

深夜バイトは時給も上がりますし、閉店作業も業種や店舗面積、作業の多さなどでは苦楽の差はあると思います。

が、閉店後のあの独自の「まったり」とした時間はどこにもあると思っています。

もちろん前提としてバイト仲間とそれなりに仲が良いことというのはあります。

が、すべての作業が終わって作業着などから着替え、私服で待機室なり準備室に座った時は、バイト仲間同士だけの時間が展開するのです。

くだらない話をしたり、バイトの話をしたりと、仕事から解放されて程よい疲れと達成感と共に、もう終わったという安堵感と気楽さで、まったりと話せるあの時間というのはなんとも心地よいものでした。

24時間のバイトでは出来ないことだとは思いますが、深夜バイトをしようかと思っている人には、こういう楽しみもあるぞということを伝えたいものです。