清掃用具の製造工場

私が学生の頃に清掃用の道具を製造している会社でアルバイトをしたことがあります。私が仕事を手伝う頃には、製造工程はほぼストップした状態で、100%アジアからの輸入に頼っている状態でした。

製造することも可能なようでしたが、材料を仕入れて完成するまでのコストを全て計算すると、輸入したものより80%以上コストが上乗せになるとのこと。品質が良い物が作れることは間違いないですが、最近はコスト重視なので品質が多少悪くても安いものしか売れないとのこと。

製造する機械がいくつもあったのですが、輸入物の仕分け作業と搬入作業ばかりでした。その検品作業中には、品質の悪い道具が大量に見つかったりと、輸入物の場合は検査がとても甘いことが分かったのです。

商品を卸した後でクレームにならないように、品質チェックばかりのアルバイトでした。この作業も輸出する前にやっておけば、更に人件費が削除出来るのに..と思ったのです。作っている人がチェックしても品質が上がらないかもしれないですが。