温泉旅館でウェイターをした

温泉旅館でウェイターをするというアルバイトがあったので、面接に行くと採用してもらえたのです。その旅館は高層ビルになっていて、いつでもサウナを楽しめるというお店なのです。仮眠を取ることも可能だし、食事も24時間受け付けているのです。

そのレストランでウェイターをしていたのですが、私が勤務したのは夜間の11時過ぎから明け方までの深夜の時間帯だったので、お客さんはほとんど来ませんでした。それでも、旅行中のお客さんなどが、一度に10人ほど来た時には慌ててしまいます。

10人分のメニューを急いで作らなければいけないのですが、深夜に厨房スタッフは一人しか配属されていないので、かなりハードな状態になってしまいます。なので味噌ラーメンなどの簡単なメニューはウェイターが作ってしまうのです。

ですが、何故だか簡単なメニューでも日頃作り慣れてないので失敗することがあるのです。深夜なのに心臓ドキドキの緊張するシーンが何度もあるアルバイトだったのです。