温泉旅館外でのアルバイトの日々

私が体験したアルバイトの中で一番楽しかったお仕事は、温泉旅館での住み込み働きでした。
具体的に何をやるのかというと、主に掃除全般、布団の上げ下げ、食事の上げ下げですね。
やることが多岐に渡るものの一つ一つはそう難しくはなく、でもはっきりと自分のした仕事がどういうものに繋がるのか、という達成感みたいな実感は得られやすいところでありました。
何より、夏場の暑い時期に避暑地じみた温泉旅館街で、美味しい水と美味しい賄いのお食事がついたところでお仕事ができるわけですからね。キャンプ関係の用意のお仕事もあり、10代の私にとっては遊び3割くらいの気持ちでお仕事ができました。

そして同時に、この仕事ほど酷い時給のアルバイトはありませんでした(笑)。
日給8千円固定なのですが、普通は6時、早い時には5時に起床して起床後身支度は30分くらいで済ませて、その後即実働。早い時には20時くらいで仕事は終わりますが、遅い時には0時回っても仕事をします。休憩時間はしっかり取るけれど、移動時間が無い分他の時間は全部実働。
真面目に時給換算すると怖くなるので計算はあえてしませんでした(笑)。まぁ食費と光熱費と住居代が込みで、打ち上げにお酒を出してもらえることもあり、タダ酒も含めたらしっかりと割に合っていたとは思いますが……当時、私は未成年でして。
温泉旅館で働いた鮮烈な日々は、今でも夏が来るたび思い出す、私の中で大切なお仕事の思い出です。