準備が楽しい学園祭

学園祭等の学校での催し物をするときには、数ヶ月前から仲間が集まって出し物を話し合います。何をするか話し合ったり作業を分担したりと想像しながら、あれこれ話し合っている時が1番楽しいのです。

話をしていると必ず、多くの仲間とは違った独自路線を考えている仲間がいたりして、「まさか..みんなこんな催し物やらないよね!」のように思ってしまいます。人が沢山集まれば、意見も沢山集まるのでびっくりしてしまいます。

まさかと思う出し物に決まってしまうと後悔するので、思いっきり否定することになります。そうなりますが、結果として多数決で決まるので、それほど常識から外れたような出し物には決まりません。

但し、実際に学園祭が始まってみると、同じような出し物ばかりが目立つようになります。何かについて調べ物をして展示するだけの内容か、食べ物を作るお店だったり、多くの人が思いつくのがお化け屋敷だったりします。

結果としては、他とは違う意見の方が有効だったかもしれないと思うのです。