演劇舞台をしました。

大学祭に向けて、サークルメンバーで一度演劇の舞台をやってみようという事になりました。先ず、演劇の素人ばかりですので、何から手を付けてよいのか全く分からなかったものですから、サークル以外の演劇経験のある人たちの協力を得て、準備を進めることになりました。まずは、原作を何にするのかそして脚本は誰が担当するのかという事が必要という事でしたが、これは、すべてサークルメンバー外の人達にお願いする事になりました。舞台の音響やら照明も、お願いする事になりました。サークルメンバーで実際に行いましたのは、出来上がってきた台本をみんなで読み続ける事でした。ほとんど棒読みばかりでしたが、本読みを繰り返しているうちに慣れてきまして、感情や表情まで入ってきました。半年間以上かかってしまったのですが。だけど、この練習がものすごく楽しくなってしまい、毎回次の練習が待ち遠しくなってきました。そして、本番の日、緊張もピークに達していましたが、一応なんとか拍手をもらえるまでに務めることが出来まして、終了後は、サークルメンバー全員で、派手に打ち上げを行いました。