漫画喫茶でアルバイトをした事

私が勤務していた漫画喫茶では、時間によって追加料金を徴収するというお店でした。入店してから、ドリンクを1つ注文するとドリンクの料金で2時間は漫画を読むことが可能であり、それ以降は一定時間ごとに課金していくという決まりがありました。

しかし、来店するお客さんのほとんどは漫画に夢中になると3時間でも5時間でもずっとお店にいるのです。そして、お客さんの出入りは多くありませんでしたが、気がつくと満席になっている事もあったのです。

喫茶店なのでカツカレーや、ミックスサンドなどの食事を提供することも可能なのですが、食事を注文する人は以外に少ないのです。食事を忘れるほど集中するお客さんが多いようでした。

アルバイトをしている時には、注文が全く入らずに何時間も暇な状態が続くことがあります。まったりした時間が過ぎていき眠くなってしまうので、空き時間は掃除をしたり、アイスコーヒーのストック分を作ったりして、眠気を覚ましながら仕事を続けていました。