漬物屋さんでのアルバイト

私は学生時代に色々なバイトをしましたが、販売はしたことがなく、大学3年生の頃からお漬物の販売をしました。私の働いていたお漬物屋さんは目と鼻の先ぐらいの距離に二店舗あり、小さいほうの店舗は社員と学生のバイト二人の時もありますが、学生だけで店番をすることもありました。

私は小さいお店の方で店番をすることが多く、一人でお店を切り盛りしているので、責任を感じました。
試食の準備をしたり、お勧めのお漬物を教えたりして、コミュニケーションをとりながら働きました。
観光シーズンはかなり人が多いのですが、そういった時期ではない平日はかなり暇になります。
時間がなかなか過ぎず、一時間誰も来ないという時もざらにありました。

その為か時給は750円と安めでしたが、それまでしたアルバイトは忙しいものばかりで、こういったゆったりしたバイトもいいなと思いました。大学4年生になるとほとんど授業に出る必要がなくなったので、朝9時~18時までフルタイムのアルバイトのように入って働くこともありました。

一日の終わりに売り上げを管理する仕事も社員と一緒にやっていて、売り上げを何とか伸ばしたいという気持ちもありました。売り上げを確保するといった意味での責任を、アルバイトとして感じたのは初めてでした。