焼き鳥屋で働くこと

私は食べる事が好きなので、アルバイトをするときも食べ物を中心に選んだのです。求人募集に多いのはファーストフード店の、ハンバーガーを売るスタッフ、そしてフライドチキンを作る担当です。

ですが、私がやりたいのは牛丼屋で食事を作る担当とか、もっと美味しい料理のお店に行きたかったのです。その理由は、お店で食事をするときの賄い料理も美味しい物が出るのでは?という期待があったのです。

そして、私が選んだアルバイトは焼き鳥屋でした。焼き鳥を炭火で焼いてお客さんに提供するのですが、その時に焦げてしまった焼き鳥などは下げるのです。基本的に捨てるのですが、もったいないので自分で食べたりします。

そんな事をやっていましたが、段々と焼き鳥の火加減を覚えてきて、ミスをしなくなったのです。ミスをしないということは、自分で食べる焼き鳥が無いという事なのです。自分で買って帰る場合は従業員割引だったのですが、それでもちょっと高いような価格で考えてしまいました。