熱心な先生で助かります…

大学が休講になる場合、補講が行われます。しかし、行われるケースは稀でした。元々、先生とは言っても教員免許を持っていない先生が多いです。授業計画は立てていても、そんなにしっかりしたものではないので簡単に予定を変えることが出来ます。そのため、休講しても簡単に取り返せるのです。なので、補講なんてしません。学生としてもそれがありがたいです。学生としてそれでいいのかとは思いますが、バイトなどで予定は詰まっています。また、補講が行われるのはたいていテスト前とかで、テスト勉強の時間がなくなるのでされると結構困るのです。
しかし、先生によってはきちんと補講をしてくれます。熱心な先生なのか、それとも学生の授業料で給料をもらっている以上、きちんと回数をこなさないといけないと考えているのかは分かりません。いずれにせよ、素晴らしい先生だと思います。涙が出てきてしまいます。ただ、申し訳ないのですが、出てくる涙はうれし涙ではありませんでした…。