牛乳を配達するトラック運転手

私がアルバイトを探すときに最も重要視したのは、車を運転する業務でした。なかなか「トラック運転手」というジャンルで求人募集が出ていることはないので、各会社の仕事内容をチェックしていく必要があります。

そんな手間がかかるのですが、どうしても車を運転する仕事の方が良いのです。好きな車を運転できるわけではないので、スピードも出せないし、ドライビングテクニックを披露できる訳ではないのですが、ただただ楽しいのです。

そんな私がアルバイトを探した時には、牛乳を配達する業務というバイト募集の公告を見つけました。これは私にピッタリだとすぐに直感したのです。牛乳を配達するとなれば、軽ワゴン車であるはずはなく、冷凍車で1トントラック以上の車だと思ったのです。

町中で牛乳屋のトラックを見ても大型車両しか見たことがありません。そんな私のイメージしている仕事であるが分からないまま面接に行きました。すると採用されて、何度も見たことがあるトラックに乗る事ができたのです。