甘い読み

アルバイトをしていた学生の頃は、もう少し社会を甘く見ていました。
某洋菓子チェーンのレストランでアルバイトをしていた私ですが、社会人になった今、改めてあの頃の認識は甘かったと思うことの連続です。
洋菓子屋でのアルバイトは、カウンターで注文された洋菓子を持ち帰り用の箱に入れたり、キッチンでレトルトのパスタをお皿に盛り付けたり、お会計をしたり、というものでした。
やたらとカリカリしている店長や、毎日遅くまで残っている社員を見て、たとえ社員のお誘いがあっても断ろう、なんて思っていました。
店長とムシが合わないから別のアルバイトになんて感じていましたが、一企業の社員として勤めだすと簡単には転職できないさまざまな事情に巻きこます。
売れ残った洋菓子を食べられないのかと、悔しく思ったことも、廃棄物は大事な参考データであることや衛生の管理が必要なことと知りました。
アルバイトをプレ就職と認識していた私は、なんて甘かったのだろうと今では苦笑いです。