甘酸っぱい思い出

大学時代に経験した、ちょっと甘酸っぱい思い出があります。
私には、気になっている男子がいました。
好きとまではいかないけれどちょっと気になるという、微妙なところでした。
その男子とは同じ少人数の授業を受けていたのですが、ある日、流れというかなんというか、
二人で一緒に帰ることになってしまったのです。
他愛も無いことを話していただけだったのですが、楽しかったです。
帰りに高校時代の友人に会って後々からかわれたのですが、結果を言うと、何もありませんでした。
恋に傾きかけていた気持ちも無くなりました。
とある理由があったのですが、まあ、恋しなくてよかったなというかんじでした。
でも、友人としては付き合っていました。
一緒に帰ったことは未だに素敵で甘酸っぱい思い出ですし、これからも忘れることはないと思います。
あんな経験は、大学にいた四年間でこれだけでした。
ちょっと悲しい気もしますが、
一回だけだったからこそ、良い思い出になっているのかなとも思います。