男子とどこが違う?女子学生の就活

近年では、就職活動の場においても男女の平等が叫ばれるようになってきており、従来に比べれば女子学生であっても就職先が制限されてしまうといったケースは少なくなってきました。
それでも男性と女性とではまだまだ企業からの見方が違うということも実際問題としてはありますので、以下では女子学生が就活で注意しておきたい点についてご紹介していきます。

1.男女差の大き過ぎる企業は注意
女性の中には結婚や出産とともに企業を退職するという方も多いので、一般的に企業は男性社員のほうが多くなりがちですが、その差が大き過ぎる企業は注意しておきましょう。そうした企業の中には風土的に寿退社を促すようなところも少なくないためです。

2.福利厚生制度については良く調べる
今ではどの企業も産休や育休を取っていいですよ、と面接では答えるものですが、実際にその立場になってると雰囲気的に制度を利用しづらいということは多々あります。
こうした失敗を防ぐためには、事前にその企業に就職した人との関係を築いて質問してみたり、就活サイトなどでその企業の評判について確認するなどしておくことが大切です。