留学は就活に役立つか

現代社会は、グローバル化社会とも呼ばれるほど国際的な考え方や基準が重要視されるようになってきています。こうした中で就活においても海外に留学していた経験をアピールする人が増えていますが、果たしてこのアピールには効果があるのでしょうか?
答えから言うと、「その人次第」ということになるでしょう。どういうことかと言うと、単に海外に留学していた経験があります!というアピールだけでは、何の価値もありませんが、その経験から得たことを就職してからどういった風に活かしていけるのかまで考えて面接で伝えることができるのであれば十分な武器になるということです。
例えば、留学経験により日本では学ぶことのできないことを身に付け、それを元に何か実践を行ってきたといったアピールは企業から見ると非常に魅力的な人材に見えます。
ですから、就活のために留学経験を積もうと考えている人は、留学することがゴールではなくさらに先を見据えて行動することが大切です。