留学生との交流

大学では心理学を専攻していて、主に社会心理学をやるゼミに所属していました。
4回生になり卒論を書く段になり、迷ったのはテーマ。ぼんやりと社会心理学っておもしろそーくらいの気持ちでゼミを選んだ私は、特別研究してみたいことがあったわけではないのです。
そこでゼミの先生に相談したところ、先生がやっている研究の追加研究をやってみないかと言われました。テーマは留学生の友人関係について。
大学には主にアジアから来ている留学生がたくさんおり、日本語も達者なため、研究に協力してくれるだろうとのことでした。
いろいろと迷った結果、調査対象は中国人のみに限定し、インタビューをすることになったんです。
日本語が達者とはいえ、留学生の知り合いなど私には一人もいませんでした。
日本語を学ぶ授業などで調査研究のお願いをし、集めた調査対象は20人。すべての人にインタビューをするのはとても大変でしたが、とても良い経験になりました。
今中国と日本の関係は微妙なところですが、私が話をきいた人たちはみんな日本人と友だちになりたいと考えていたし、文化の違いについても非常によく勉強されていました。いつか両国がお互いを分かり合えると良いなあと思います。