登山サークルの情報を使っていた

山登りが面白くて大学の2年生の頃はずっと山を登っていました。
山が多い大学で、周りをいくつもの山に囲まれて、登山道も整備されているところや全く手つかずのところもありますから、それらの山を制覇してやるつもりでひたすら登っていました。

その時に自分の大学に登山サークルがあることを知りました。
大学に入った時に部活動のチラシは一通り目を通したのですが、その時はなかったように思えます。
山を登っている時に顔見知りの人が前からきて偶然その存在を知りました。

山登りとは一人でのんびり上るものだという考えがあるので、その団体と一緒に登ることはしませんでした。
その辺を察してくれるのも登山サークルの人たちです。

山頂で合流して何となくサークルの活動内容を聞いて、顔を出す程度の活動参加で良いということでしたから、情報も欲しかったので参加しました。
日本中の有名な山も登りました。
グループで登ったり、一人で登ったり、状況によって様々ですが、サークルの情報は有意義でしたから、4年間所属していました。