看護学校の学園祭

先日、娘が通う看護学校の学園祭に行ってきました。
今まで子供達が通っていた高校の学園祭には。何度か行ったことがあったのですが
看護学校というとどんな内容なのか少しばかり興味があったのです。
さすがに看護の専門学校だけあって、面白いコーナーがいくつかなりました。
その1つが、高齢者体験コースというものです。
肉体的に足腰が曲がったお年寄の環境になって歩くといった
内容です。
目には視野が狭くなったゴーグルをはめます。
手と足には重りのバンド。
膝や肘には、関節が曲がりにくくなるギブスをはめます。
こんな体勢で、学校内を歩くのですが、ほんの数十メートル
歩くだけで四苦八苦でした。
他には手浴です。
これは入院患者さんの手を洗ってあげることで、清潔にすると当特に心のケアをするのが目的のようでした。
看護師の卵である学生に手を洗ってもらったのですが
会話をしている間に、リラックスしていた自分がしました。

普通の学園祭ではリラックスできないような貴重な体験をしたと思います。