県外の大学を受験したときのこと

私は高校までは実家から通いましたが、大学進学と同時に県外に出て1人暮らしを始めました。その時の大学受験の時のことがとても記憶に残っており、大学受験から10年近く経ちましたが、今でも時々その時のことを思い出します。
大学受験のために私は前泊していました。前日はまず着いたらすぐに大学の下見に行きました。大学は分かりやすいところにあったため、比較的簡単に見つかりました。そしてせっかく県外に出てきているのだからと、町で買い物をしました。さっさとホテルにでもかえって勉強をすればよかったのですが、少しわくわくしてそれどことではありませんでした。
翌日大学までは簡単に行くことができました。前日に一度リハーサルで行ってみて本当によかったと思いました。私はそれ以来、大切な行事などはできる準備は必ず前もって行い、余裕をもって臨むようにしています。
受験は時間との勝負です。もし会場まで遅刻ギリギリで行っていたら焦ってテストどころではなかったと思います。