真面目なる学園祭の思い出

普通は、高校生くらいになれば、学園祭というのはお祭り騒ぎをしたり、ミスコンやライブなどの大学生顔負けのイベントをやったり、とってもハジける場になると思います。
でも、私のいた女子校はけっこう厳しく、学習発表会系、演奏・演劇程度の部活動の成果披露、バザーなど社会貢献系の催しくらいしか申請が通らず、学園祭といっても地味でした。職員室にも古くからのガチガチの先生が多かったので・・・
「東京都内のつまらない学園祭ランキング」で上位に挙がっていたとも聞きます(笑)来校者も、父兄・卒業生、系列の小学校の子どもたちが主で、後はわずかな生徒の友達・きょうだい(学園祭には顔だけ出して、後で他所に遊びに行くのが目的)といった風でした。彼氏なんか連れてきたら噂になっちゃうし先生の目も怖いので、彼氏がいる子も連れて来ませんでした。
在学時は、盛り上がりの無さにやっぱりちょっと不満でしたが、今になってみれば、どのみち大学で色々やれるので別にどうでも良かったと思いますね(笑)