眼鏡屋さんの宣伝カーを運転した

私の町にあるメガネを専門に扱っているショップでアルバイトを募集していました。店内での販売スタッフかと思ったのですが、募集の資格には運転免許と書かれていました。なので薄々は感づいていましたが、仕事内容はメガネを安売りするキャンペーンを、車のスピーカーから告知する運転手でした。

本来の店内でお客さんにメガネを売る仕事よりも、簡単な仕事ではあります。決められた地区を何時間も宣伝カーを移動させるだけなので、運転の疲労度が溜まるだけです。1日に3時間ほど運転していましたが、気分的には長時間休憩しているような感じがするのです。

それほど疲労度を感じないときには5時間ほど宣伝カーを走らせていることもありました。そんな事もあり、キャンペーンの時には多くの来店客があったのです。なので、私の仕事に対する評価も多は高くなっていました。

私としては、楽な仕事を長くやっていて評価されるのですから、とても美味しい仕事だと思いました。