眼鏡屋のチラシ配り

数年前に私がやったアルバイトは、大きな商店街のに行き交う人へティッシュペーパーを配る仕事でした。そのティッシュペーパーに書かれていたのは、地元の眼鏡店のセールの内容でした。

私の地元では年末年始にメガネが半額以下になるというキャンペーンをやっていて、その事は多くの人に知られているのですが、それ以外の売り出しの場合は人がほとんど集まらないのです。

メガネなんて、年に何回も買う事はあり得ないので、何度も眼鏡屋さんに足を運ぶ人はいないのです。なのでコストをかけてでも客を引き寄せる必要があったのです。私のやったアルバイトは、時給で換算する仕事ではあったのですが、基本的には手持ちのティッシュペーパーを全て配れば終わりでした。

なので、出来るだけ受け取ってもらおうと愛嬌を振りまきながらティッシュを渡したのですが、どうしても受け取る人は半分程度しかいないのです。ただのティッシュペーパーとしても利用価値があるのに、受け取らない人の心境が分からなかったのです。