知人からの話をきっかけに初めてアルバイトをした私の経験

私は、生まれて初めてアルバイトに応募した時の事を今でも覚えています。
当時はインターネットがありませんでした。そのためアルバイトに応募する為には、電話に限定されていました。ですので私はある会社に電話をして、アルバイトの応募をしたのですが。
では私はどうやってそのアルバイトの情報を知ったのかというと、知人です。知人からあるお店にて、アルバイトを募集しているかもしれないので電話をしてみたらどうだろうという話を聞いたのです。アルバイトをしなければならないと思っていた私は、早速電話をしました。
すると、本当にアルバイトを募集していたのです。翌日そのアルバイト先に足を運んで、簡単な面接を受けました。そして履歴書も提出しました。面接当日に、もう勤務開始になりました。
このようにアルバイトへの応募というのは、親戚や知人などの話をきっかけに行われるケースがある訳ですね。もっとも上記の私の事例は、かなりレアな方だと思うのですが。ですのでアルバイトを探しているのでしたら、その旨をちょっと知人に打ち明けてみるのも良いと思います。