短期の電話受信のアルバイト

蟹、おせちなどのお正月用食材の注文の電話受付のアルバイトをしたことがあります。短期のアルバイトでしたがなかなか大変でした。その件につきまして詳しく述べます。
電話で注文を受けたら、注文する食材の種類、何の媒体を見て電話してきたのか(新聞の広告か、ラジオか、カタログかなど)、お客様の氏名、住所、電話番号、いつ届けるかなどを聞いてすべてパソコンの指定の画面に入力します。一通り質問事項を聞き、入力が終わったら確認のため復唱します。そしてまた電話がかかってきて…同じことを繰り返します。最初、覚えることが多くて大丈夫かとても心配でした。
ラジオなどでは放送直後に注文の電話が殺到するので、名前と電話番号だけきいて時間をおいて折り返し電話をかけることも多かったです。あまりに時間をおくとお客様が不機嫌だったり、もうお客様が電話して注文した後だったりして、謝ることもしばしばでした。
電話対応も話し方が雑な人はクビになっていたように思います。またパソコン入力も遅い人もクビになっていました。その年、食品偽装事件などがあり蟹があまり売れない状況のため、バイトの日数や時間が減らされてしまいました。大変なこともありましたが、電話対応のスキルがより磨かれたと思い良かったです。