石川県金沢を訪れました。

日本の名所と言いますか、各地区を訪れてみようという事で、大学サークル内で候補に挙がりましたのが、石川県金沢市です。北陸地方の風情を見てみようという事で訪問しました。石川県は、何故か街の中に銭湯が多く、独特な感じが伝わる土地のように思いました。銭湯めぐりはしなかったのですが、冬場でしたので、民家の屋根が雪で真っ白に覆われているのには、ものすごく感動しました。兎に角見事に白い感じでした。街全体が、一面の雪と融合しているような感じでした。サークルメンバー揃って何をしようかと切り出す前から、各人それぞれが申し合わせたかのように、雪だるまを作り出しました。小さな雪だるまから次第に巨大な雪だるままで作り上げてしまいました。巨大な雪だるまが出来上がりました時には、もう全員がハイになりまして、一斉に歓声を上げるという具合でした。どうしてこんなに楽しめるのか?まるで子供のように燥ぎ続けた事は、大変貴重な思い出になりました。