研究サークルでの旅行

顧問の先生込みで箱根旅行に行った時のこと。あまり慣れない、親しくない人との旅行に不安もあったのですが、周りがみんな優しかったこと、幹事がしっかり計画をたててくれていたことで、不安はふぐになくなりました。

みんな初めて行く場所だったので、迷子になったりもしましたし、入ろうとしたお店が人気で急遽別のお店に入ったりしたこともありましたが、急遽入ったお店が大当たり、一流ホテルの元オーナーさんの洋食屋さんで、むしろラッキーだったりもしました。

また、屋外の美術館である彫刻の森美術館にも足を運んだのですが、作品を見て回るだけでなく、広大な敷地でちょっとしたピクニックのようなことをしたり、おにごっこをしたりと、大学生になってから出来ないような体験もしました。

夜に、電車の時間を気にせずごはんとお酒を楽しめたこともよかったですね。
いつもよりラフな、宅飲みのような感覚なのに先生もいるという、貴重な時間を過ごせたと思います。
行く前は人生で一番乗り気でなかったのに、行ってからは人生で一番楽しかった旅行と思えました。