社会人となって感じること

私は現在30代の会社員です。入社から10年近くが経ち、やっと一人前に仕事ができるようになってきました。
少し前の話にはなってしまいますが、私も就職活動を頑張っていた時期がありました。私の場合は働きたい分野が明確になっていたので、その分野に関連する企業にエントリーして就職活動をしました。学生時代は内定をもらうことがゴールになっていて、いかに内定を獲得するかに焦点を置いていました。おそらく就職活動を行う学生の多くもそのように思っているでしょう。
しかし、実際に働いてみて分かったことですが、内定の獲得は社会人としてのスタートラインに立つチケットを手にしたに過ぎません。そこからからが本当の勝負だと思います。良い大学を出ていたり、学生時代に優秀な成績を収めたからといって優秀な社会人になれるとは限りません。誇りを持ってモチベーション高く働き続けることができる人こそ優秀な社会人だと思います。
遊びに明け暮れた就活生の方々も、自分の将来を真剣に考え、マニュアルは気にせずに自分の気持ちを就職活動に思いきりブツけてみて下さい。私も新入社員の採用に関わったことがありますが、何百人の学生がいる中でマニュアル通りに答える子は正直印象に残りませんでした。
皆様の就職活動が成功することを祈っております。社会人の先輩の上から目線での話でスミマセンでした。