社会勉強としてのアルバイトとフリーターの違いについて

アルバイトは、社会に出る為の大切な経験です。
よく県立高校でアルバイトを禁止しているところもありますが、理由によっては許可をしても良いのではないかと思っています。
確かにアルバイトでお金を稼いで遊ぶことを考えてしまい、勉学に身をいれなくなってしまう生徒がいるのは問題です。
しかし働くことが嫌いではないというのは大切なことです。

アルバイトを通じて学んだことは必ず将来役に立ちます。
学生は勉強に専念するべき、というのは親が与えた環境であり、お金の管理さえきちんとできれば高校生でもアルバイトをする意味は大きいのです。

しかしこれが成人してもアルバイトのままで生活をしているとなると話は別となります。
最近ではフリーターという言葉が流行っていますが、アルバイトは元々フリーの立場の人の就労形態です。
世の中の企業でアルバイトを必要としているところもある訳で、決してフリーターはいけない、という意味の言葉ではありません。
決して働くことが嫌いでないのなら、アルバイトを通して早く自分の適職を探せるような支援方法を考えた方がよいでしょう