社会勉強のためにやってみること

自分が成長するために、意図しない知識でも取り込んでいく事が大事です。なので出来るだけ知らないことはやってみるようにしていました。これは大学での勉強のことだけではなく、プライベートや友人達との付き合いの面でもいえることです。

特に、アルバイトなどで始めて経験することは為になるし、将来的に仕事で役に立つことは間違いありません。なので、1度やったことのあるアルバイトと同じ職種を選ぶのではなく、出来るだけ違う仕事をするようにしていました。

大学を卒業するとオフィスワークをするような仕事を目指すことが多いですが、逆に体力勝負な仕事を経験することは重要だと思ったので、作業服とヘルメットを装着して仕事をする職種をアルバイトでやっていました。

汗と汚れでベトベト状態の作業服で体動かすので、とても不快なのですが、これが普通と思える用に体が慣れてくると、集中力も高まってくるし、きつい作業も普通にこなせるようになってきます。これが成長なのだと思います。