祭りのアルバイトは夢中になること

学生の頃に気の合う仲間達と一緒に、同じアルバイトをしようと考えたことがあります。その時には夏休みであり長期アルバイトは無理であったことなどから、ベストなのはお祭りのスタッフでした。

バイトをするのは三日間ですが、その内容は充実したものです。焼きそばを焼いたり、イカのタレ焼き、トウモロコシ、焼き鳥、豚バラ肉などを焼いて売るのですが、何度も同じ作業を繰り返していると、単なる焼きそばでも出来上がりがとても素晴らしい状態になります。

休憩時間に自分で作った焼きそばを少し食べてみたのですが、かなりプロが作った焼きそばのように錯覚できるし、感動できるほどでした。そして、程よく焦げたトウモロコシがとても美味しそうだったのですが、お店の商品を食べるわけにも行かず我慢していました。

どれも結構な値段だったのに、飛ぶように売れて私も楽しかったのです。同じテント内で作業をしていた友人も、テンションが高まって楽しそうに仕事ができたのです。なので、来年もお祭りのイベントは参加しようと思いました。