私が中学受験をした理由

私が中学受験をした理由は公立の中学校の水泳の授業が嫌だったからです。それだけです。小学生に将来大企業に入ったり、公務員になるために、あるいはそうした選択肢を増やすためには、よい大学に入る事が重要で、そのためには中学受験で進学校に行くのが有利であるということを説明したとしても、100%理解できません。仮に理解できているようにふるまったとしても、他の選択肢に対してどのような利点を持っているのか、中学以降どのような将来計画を描くことになるのか、といったビジョンについて完全に理解するには小学生には若すぎます。まして、中学受験を決意する時期は年々早まっており、現在では4年生くらいから塾に通いだす生徒が多い現状を考えるとなおさらです。
なので、親としては子供の進路を整えたい気持ちがあるでしょうが、その意思はあくまで自発的なものであるほうが好ましいでしょう。実際、親から見てくだらない理由でも子供にとって重要な理由であれば、挫折することはありません。