私が初めてしたバイト

私は高校に入学したらバイトをしようと思っていたので、入学してすぐに友達とお寿司屋さんのバイトの面接に行きました。履歴書を書くのも初めて、面接も初めて、高校を受験する時よりも緊張したのを覚えています。幸い高校に入学したばかりの16歳の私たちを雇ってくれました。初めて出勤する日は、面接の時よりも、緊張し、初めてお寿司屋さんの制服を着た時はとても恥ずかしく、でもユニフォームを着れば、16歳でも立派な従業員としてやっていかなくてはならず、初日はたった3時間の勤務でしたが、充実感以上に疲れました。今思い返してみると、お寿司屋さんのバイトも三年間続けることが出来、私にとっての青春だったなと思います。お寿司屋さんのバイトで彼氏ができ、バイトでできた仲間と、ファミレスで夜遅くまで語り明かし、働いて給料をもらい、一人の人間として認めてもらい、社会のルールも学ばせてもらいました。今でもその頃のバイト仲間と会えば、バイトしていた頃の話で盛り上がります。バイトの時はいつも迎えに来てくれていた、父にも感謝しています。