私が大学に入学したばかりの時の話

私は今から19年前の4月に東京都内の私立大学に合格して都内の練馬区で生まれて初めての一人暮らしをスタートさせました。
当時、19歳だった私は生まれて初めての一人暮らし、そして生まれて初めての大都会東京の文化や人達に触れてカルチャーショックを受け、目が回る様な感覚を毎日覚えていました。
私が大学に入学して最初にカルチャーショックを受けたのは、まず東京には物凄く人が居る、という事です。
今から考えれば東京ですから当たり前なのですが、そんな当たり前の事でも故郷の田舎育ちの私にとっては生まれて初めて接する東京の人の多さに仰天した記憶があります。
私が大学入学の為に試験を受けた時に東京に初めて行った時の人の多さにも驚きましたが、本格的に東京都の練馬区と言う所で大学生として大学生活を始める様になって更なる驚きが私を待ち受けていたのです。
それは東京の人の多さと、東京都内を走っている電車の多さ、そして地下鉄の多さでした。