私が大学時代に行っていた交通量調査の夜間アルバイトについて

私は今から18年前の当時私が東京都内の私立大学に通う大学2年生だった時に良く交通量調査のアルバイトを行っていました。
交通量調査のアルバイトは短期で一日だけ行う事もあれば、ある程度まとまった1週間から2週間ほどの期間で行う時もあり、ある程度まとまった期間で行う場合には勤務地はずっと期間中は同じ場所である事がほとんどでした。
そんな交通量調査のアルバイトでは勤務地が同じという事と時間帯によって時給が変わってくるというメリットもありました。
私が大学時代に行っていた交通量調査のアルバイトでもっとも私が思い出深いのは夜間の交通量調査のアルバイトでした。
夜間の交通量調査は場所によっては交通量が多くて昼間の交通量調査と何ら変わらない場合もあるのですが、場所によっては深夜の為に車などほとんど通らず、景色をウォッチングしているだけで8時間勤務が終了してしまう日も良くありました。
そんな時は眠気に良く襲われたものですが、何とか頑張って眠気を吹き飛ばしていました。