私なりのアルバイトの選び方

私は短時間のアルバイトをよくやっていました。3時間前後という短い時間の仕事をこなすことで、精神的にも肉体的にも負担をかけることなく生活ができました。
私は長時間拘束される仕事が好きではなかったので、短時間のアルバイトというのは魅力的に感じました。だからできるだけ短時間で終われるアルバイトを探し、応募して、その仕事に毎日のように没頭していました。給料は少ないですが、仕事はやりがいがあるものばかりでしたし、何より早く帰れるという利点が私にとっては嬉しいことでした。
短時間なら長期アルバイトでも頑張れます。長期アルバイトで毎日のように長時間働いたら、きっと人生に楽しさを見い出せずすぐにやめていたと思います。始めてすぐにやめてしまえばアルバイト先の人たちに迷惑がかかってしまうため、それだけは避けたいと思ってアルバイトを探していました。
長時間のアルバイトに慣れなければ社会に出た時に困るということはわかっています。しかし、人には向き不向きがあるため、どうせだったら自分に合った選択肢を取った方がいいと思いました。