私にとっての青春でした

私は高校時代は受験勉強一色で生活をしていて、あまり友達と遊びに行くこともありませんでした。
自分がしていることですが、やはり高校生が友達と遊びに出掛ける姿を見ると、羨ましい気持ちがありました。

そして大学に入学してサークルに加入して、私にも自由な時間がたくさんできました。
私が所属していたサークルはバドミントンサークルですが、私の同級生が作ったサークルで、先輩といった存在の人はおらず、同級生か、下の学年の子でした。

その為気楽で、バドミントンサークルとは言え、バトミントンに力を入れるよりも、飲み会などイベントに力を入れていました。こういった時間を持つことは初めてで、特にカラオケでオールナイトをした時には
感動しました。

私、青春をしているなぁとつくづく実感しましたし、サークル仲間はそれぞれ個性がありましたが、お互いに尊重し合って和気あいあいとできたので、大事な仲間にたくさん出会えたことが嬉しかったです。
サークルを通して仲間の良さを改めて実感しました。