私の受験勉強時代の思い出

受験シーズンに勉強以外の思い出を持っていらっしゃる方々は多いと思います。私は中学3年生の頃に、徹夜して受験勉強をしていたときを思い出します。
あれは中学3年生の頃、目的の高校に入るため、私は毎晩夜中まで受験勉強をしていました。
傍らにはラジオを置き、深夜ラジオを聴きながらずっと勉強していたことが記憶に残っています。隣の家の屋根がだんだんと明るくなり、朝日が登る頃、ちょうど勉強が終わり、冬の朝の様子が目に入ってくると、なんともいえない悲しい気持ちになったことを覚えています。
夜は部屋の電気を全て暗くし、机の上のライトだけを点けながら日本史や数学の勉強をしていて、非常に効率が良かったこともありますし、親が気を使って夜中にココアやコーヒーを持ってきてくれるのが嬉しかったです。
おかげで受験は成功し、高校に合格することができました。
受験勉強は勉強だけしていると根詰めることになってしまいますから、ラジオなどを聴きながら気分転換をすることが大切です。