私の大学時代のサークルの思い出

私は高校時代までずっと勉強一筋で生きてきました。
そんな勉強一筋に生きてきた私は大学に合格した暁にはきっと自分は楽しいキャンパスライフを送る事が出来るし、自分自身でお洒落にも気を使ってキャンパスライフをエンジョイするんだ、と心に誓っていたのです。
そして私は今から19年前の当時私がまだ19歳の時に東京都内にある私立大学に合格したのをきっかけに故郷を離れて東京都の特別区の一つであり東京23区の北西部にある練馬区と言う所にある木造の賃料の安い賃貸アパートの6畳半一間の部屋を借りて念願だった一人暮らしを始めたのでした。
私は大学に入学してまず行った事は大学のサークルに入部する事でした。
大学のサークルは当時はオールラウンド系のテニスサークルが人気で、私もオールラウンド系のテニスサークルに入部したのでした。
そしてオールラウンド系のテニスサークルのサークル活動として私はテニスの練習場などでテニス活動をしてキャンパスライフをエンジョイしたのです。