私の算数、数学の受験スタイル

私は中学受験での算数、大学受験での数学、においてはスピード重視のスタイルをとっていました。私は元々計算スピードが非常に速かったこともあり、ケアレスミスをしないようにするよりもスピードを上げることに力を使い、2回、3回見直しをすることで満点に近づけていくという作戦をとっていました。
このスタイルは計算が速いことが前提とはなるのですが、テストだけでなく、勉強時にも利点があります。
それは、計算スピードを上げることで単位時間当たりの解ける問題数が増え、その結果、他の人よりも勉強時間が少なくて済むのです。普段の勉強時なら、多少の計算ミスはやり直す必要もありませんよね。
これが元来勉強嫌いな私にとってはかなりの魅力で、他の人よりも少ない勉強時間でといてるんだから頑張ろう、といったようなモチベーションの維持に繋がりました。
勉強スタイルもテストの問題の解き方も人それぞれだとは思いますので、それぞれにあったスタイルを見つけることが重要なのです。