私の高校受験

わたしは高校受験を20年前に経験しました。私が住んでいたところは基本的に公立の上位3つくらいなら入学後、それなりに勉強すれば国立公立、有名私立に合格できるレベルという構図になっていました。逆に私立となると超難関か公立上位の滑り止め、もしくは下位の私立という構図です。もちろん、現在ほど選択肢が多いわけでもないので基本的にはみんな公立の上位を目指していました。内申点と当日の試験がほぼイーブンの配点のため、中学3年間の定期テストや部活動などもみんなそれなりにこなしていました。わたしはそれほど意識して内申点をとろうとしていませんでしたが部活動は一生懸命やっていました。といっても田舎の中学でそれほど受験にがつがつしている雰囲気もなく、のんびりした感じだったのでそれほど切迫感を感じたこともありませんでした。実質、中学3年生になってからが勝負だったといえるのではないでしょうか。今の中学生はその当時を考えると本当に大変です。