私の高校生時代のスーパーのレジ打ちのアルバイトの思い出

私は今から20年前、当時私がまだ故郷の地元の県立高校に通う高校生だった時代に幾つかのアルバイトを行っていました。
当時私は高校1年生の時に一番最初に地元の繁華街にある焼き鳥店で焼き鳥の串打ちやビールケースを片付ける作業のアルバイトを行っていたのですが、焼き鳥店のアルバイトではかなり時間が遅くなってしまう事もあり、学業に差し支えるという事で焼き鳥店のアルバイトを辞めて次に私が行ったアルバイトは地元の郊外の幹線道路沿いにある大型スーパーマーケットでのレジ打ちのアルバイトでした。
地元の郊外のスーパーマーケットには子供の頃から私は買い物に母親と来ており、馴染みのスーパーマーケットでしたが、まさか自分がそのスーパーマーケットで働く事になるとは思いもしませんでした。
そして私はスーパーのレジ打ちを初体験する事になるのですが、私自身レジ打ちの作業は簡単だと最初は思っていたのですが、お客さんを目の前にすると緊張して上手く入力がレジに出来ない事もありました。