私は大学二年生になったあたりから某企業の電話対応のアルバイト

私は大学二年生になったあたりから某企業の電話対応のアルバイトを始めました。マニュアルを渡され、それを覚え対応するのですが、マニュアルから外れるような電話をかけてくる方、特にクレーマーらしき人達に対する対応はとても困難でした。
大学一年のときにコンビニでアルバイトを経験したことがあり、そこでも何度かクレーマーへの対応は行ったのですが、電話の場合は相手も比較的強気になっている場合が多いためにより難しかったのです。
運悪くそのようなクレーマーに当たってしまったときはひたすら平謝りしかありません。こちらが悪いわけではないので、直接には心は痛まないのですが、バイト先の企業のイメージを損なわないよう丁寧な対応が求められたので精神的に結構きついバイトでした。
とはいえ、これらの経験は社会人になった今はとても活きています。外回りをすればクレーマーらしき人は多くいますし、自分がミスをしたらひたすら謝らなければなりません。あのバイトのときと同じなのです。耐性がついていたおかげなのか、大学卒業後もスムーズに社会に対応できました。