私一人が落ちていました…

高校受験の時の話です。中学の友人たち数人と一緒に受験した高校がありました。どうせなので一緒に合格発表を見に行こうという話になり、一緒に行ったのですが、後悔させられることになりました。私の番号だけなかったのです。
友人の番号は次々に見つかっていきます。しかし、私の番号は見つかってくれません。番号を見つけるのが下手なだけだなんて思ったりもしましたが、別にバラバラで番号が並んでいるわけではないのですから、そのようなことはありません。私だけ落ちていました。
実はその高校は本命ではありませんでした。ただ、滑り止めのために受けた高校でした。なので、その後、本命の高校を受験するまで私は死ぬ気で勉強することになります。あの時のプレッシャーはかなり大きかったため、今でもよく覚えています。その時の頑張りもあって、本命の高校に合格することが出来ましたが、当然、その時は掲示板に貼り出される結果を見に行くことはありませんでした。家でおとなしく通知を待っていることにしました。