秘められた力が発動です

火事場の馬鹿力というものがあると言われていますが、私はそれを受験の際に経験することになりました。ものすごいスピードで解き始めたのです。
試験には時間が設定されています。その時間内に受験生は解く必要があるわけですが、問題が難しかったりで時間内に解けないということもあります。私がある大学を受験した際はそんな感じでした。終了時間まで10分。しかし、残っている問題の量は、とうてい10分で解けるようなものではありません。「ダメなのか…。」と思わされました。しかし、同時にあきらめたくないとも思いました。
その時、私の火事場の馬鹿力は発動しました。半分キレたようになり、すごいスピードで問題を理解し、文字を書いていきます。これにより何とか時間内にすべて解き終わることが出来ました。あの時、発動してくれたから合格することが出来ました。しかし、その時のいつもと違う感覚は少し自分でも気持ちが悪いもので、あまり経験したいと思うものではありませんでした。