空き時間を利用して友達と遊びました

大学1年生の前期は授業がびっしり入っていました。講義を受ける教室は移動範囲が広く、10分しか休み時間がありませんでした。その間に指定の場所に行く必要があったためにバタバタしていました。歩いていては間に合わないことが多かったので、息を切らして走っていました。そんなにたくさんの距離を走ったわけじゃないのに着くころにはもうフラフラでした。それが1年生では1日に4回ぐらいもありました。友達と楽しいお話をする時間を休み時間に設けることは無理があったので、先生が雑談を始めたときを狙ってお話をしていました。雑談は毎回の授業で平均10分あるかないかの感じでした。あった場合は息抜きになるからヤッターって喜んでいました。そしてその時間を使って友達とカラオケに行く約束をしたり、外で一緒に食事をする予定をたてていました。授業が詰まっていなくて時間がかなり空く曜日がありました。それが水曜日で、2時間ぐらい時間がありました。そのため、水曜日には友達と遊びまわっていました。