笑顔の練習も就活の内

就活をされている人は表情筋を大切にしなければなりません。就活とはいろんな初めての人と出会う機会でもあるので、見た目のファーストインプレッションは非常に重要です。

そこでもしふてくされたような顔をしていると傍から見ると将来への展望性を見出すことも困難になります。それよりも笑顔になったり、真剣な顔でアピールできる方が表情豊かで接し安さを感じるものです。

面接官も人間ですのでやはり表情豊かである方が印象に左右されるところもあるかもしれません。

コツとしては上の歯の並びに沿って下唇を沿わせて広角をきゅっと上に上げるというのが良いらしいです。上の歯並びはスマイルラインと呼ばれており、このラインに沿って口を開けてみせると印象がグッと明るくなると言われているのです。

履歴書を立派にしたり理詰めの回答だけが成功の道ではありません。人と人の対面なのですから印象も大事にしておくことで損はありませんし、雰囲気が良い人のところに良い人も自ずと集まるものなのです。