筆記試験を侮るなかれ

私には大学受験時代に苦い経験があります。
当時の私はクラスでも上の下か中の上ぐらいの成績で、可もなく不可もなくというレベルの大学にいけるぐらいでした。
本番に強いという根拠のない自信も相まって、センター試験当日のできは120%の力を出すことができました。
今までの模試の最高点を30点以上塗り替えて、志望校の1つ上のレベルの大学もA判定になったのです。
それに浮かれて、先生に言われるがままに志望校のレベルを上げてしまいました。
センターが良すぎて二次試験を甘く見ていたんですね。
マーク式ならわからなくても正解の可能性がありますが、
筆記試験でそうはいきません。
私は二次試験で見事にメッキがはがれてズタボロの結果に…。
当時の担任から、何があったんだ?と言われましたが、
それが私本来の実力だったんです。
当然そこの大学受験は失敗に終わりました。
センターで出た偶然の結果を、自分の底力のアップと勘違いしていなければと今でも考えることがあります。
(センターの結果が良すぎたため、もともとの志望校には難なく入れましたとさ。)